優ZENエステティックセラピーとは、西洋のマッサージに深みを加えながら、東洋の“気・血・水の巡り”を高める技術を融合したおもてなしの技術として、日本のエステティックの歴史を支えた現場の中から編み出されたマッサージです。
決して表面的ではなく体の特性を感じながら深く働きかけるテクニックで、体液や気といわれるものを全身へスムーズに巡らせ心と身体を芯から癒し、生き生きとよみがえらせます。技術者の深く感じとる力と心遣いがこの「優ZENエステティックセラピー」の真髄であり、日本人ならではの技術といえます。